1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 急な喉の診察で泣いてしまった娘。こう考えれば、もっと寄り添えるかもしれない。

急な喉の診察で泣いてしまった娘。こう考えれば、もっと寄り添えるかもしれない。

急な喉の診察で泣いてしまった娘。こう考えれば、もっと寄り添えるかもしれない。のタイトル画像

よくある診察風景…。でも、娘にとってはそうではなかったようです。

急な喉の診察で泣いてしまった娘。こう考えれば、もっと寄り添えるかもしれない。の画像1
急な喉の診察で泣いてしまった娘。こう考えれば、もっと寄り添えるかもしれない。の画像2

木べらで舌を押さえてのどを見たのが初めてだった娘は、突然のことに驚いてしまったようです。

「後になってみれば大したことなかったのに、大騒ぎして泣いちゃったなぁ…」と、幼いながらに思ったのでしょうか。

ちょっと恥ずかしそうにしながら、採血をしても平気な顔をしていた私を褒めてくれました。

でも…。そういえば、私にも同じような経験が。

娘を緊急帝王切開になった時、次に何が起こるのか分からなくて、怖くて泣いてしまったのです。

いつもと違う場所で、予想できないことが起これば、不安で怖くなるのは大人も子どもも同じ。

急な喉の診察で泣いてしまった娘。こう考えれば、もっと寄り添えるかもしれない。の画像3

「それは恥ずかしいことではないよ、ママも一緒だよ!」と娘に共感しつつ、

「事前に少しだけでも説明してあげたら、無用な不安が減らせるな?」

と思うようになりました。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
ひいちゃんの画像
ひいちゃん

チェコ・プラハで妊娠&出産を経験し、育児をしていましたが、現在は日本で子育て中です!
アメーバブログさんで、理系夫婦の初めての育児日記というタイトルの育児漫画...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 急な喉の診察で泣いてしまった娘。こう考えれば、もっと寄り添えるかもしれない。