1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 子育て家庭の防災準備を考えるなら。まずは何の準備をしよう?

子育て家庭の防災準備を考えるなら。まずは何の準備をしよう?

子育て家庭の防災準備を考えるなら。まずは何の準備をしよう?のタイトル画像

コノビー読者のママたちにアンケート調査を行ったところ、子どもが産まれて「防災」への関心が高まった人は9割近く。みなさんは防災準備を進めていますか?

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10161012143
PR パナソニック株式会社

「防災準備」、関心はあるけれど…具体的に何をすればいいの?

子どもが産まれると、それまでの生活とさまざまな部分で変化が起こります。

「防災意識」の高まりもその一つかもしれません。

コノビーが2018年2月に実施した「防災意識に関するアンケート」の結果によると、子どもが産まれたことで防災意識が「高まった」もしくは「やや高まった」と答えた人は、合わせて86%

子育て家庭の防災準備を考えるなら。まずは何の準備をしよう?の画像1

およそ9割のママが防災意識が高まったと答えています。

その一方で、自宅での災害の備えがどの程度できているかという質問に対しては、「まったくできていない」と答えたママが9%、「あまりできていない」と答えたママが29%。

「どちらともいえない」と答えた26%のママを含めると、64%のママたちがもしもの備えに何かしらの不安を感じているという結果になりました。

子育て家庭の防災準備を考えるなら。まずは何の準備をしよう?の画像2

また、ママたちに防災や災害の備えのプロに質問したい内容を聞いたところ、下記のような声が聞かれました。

子育て家庭の防災準備を考えるなら。まずは何の準備をしよう?の画像3

防災準備をしておく必要があるのは分かっているけれど、具体的に何を準備したらいいのか分からない…。
今の準備で本当に十分なの?

そんな具体策について悩んでいるママたちの声が多いようです。

子育て家庭の防災準備を考えるなら。まずは何の準備をしよう?の画像4

防災を考えるなら、まずは「懐中電灯」を準備しよう!

子育て家庭が準備するべき防災グッズはさまざまにありますが、その中でもマストアイテムの一つは「懐中電灯」ではないでしょうか?

電気が使えないと、暗がりの中で行動するのは余計に危ないですし、不安感も募りますよね。

また災害時だけでなく、日常生活でも起こりうる停電でも懐中電灯は必須アイテムです。

同じくコノビーのママたちに行ったアンケート調査によると、実に75.9%のママが「懐中電灯・ランタン」を用意しているということですが、果たして万が一の時、「ちゃんと使える懐中電灯」が準備できているでしょうか?

普段あまり使っていないと、突然の時に電池がつかなかったり、どこにあるのか分からず焦ってしまったり…ということもありそうです。

そんな万が一の時の必須アイテム「懐中電灯」は、普段から便利に使えるアイテムとして準備しておくと安心なんです!

子育て家庭の防災準備を考えるなら。まずは何の準備をしよう?の画像6

パナソニックの「どっちかライト」は「いつも」も「もしも」も使える!

そんな普段から便利に使える懐中電灯としておすすめなのが、パナソニックの「どっちかライト」

いつもの日常生活の中でも、災害などが起きた万が一の時でも、どちらでも使える秘密をご紹介します!

子育て家庭の防災準備を考えるなら。まずは何の準備をしよう?の画像7

ポイント① 単3形、単4形の「どっちか」で使えるからうれしい!

「どっちかライト」最大のポイントは、単3形もしくは単4形の電池、どちらか1本で使えること!

子育て家庭の防災準備を考えるなら。まずは何の準備をしよう?の画像8

万が一の時、懐中電灯はあったけれど電池がつかない…!
そんな経験はありませんか?

「どっちかライト」なら、単3形電池・単4形電池のどちらの種類でも、かつ1本だけで使うことができるので、きっと電池が見つかるはず。

家に備蓄している電池以外でも、子どものおもちゃやエアコンのリモコンに入っている電池など、家の中にある電池と入れ替えれば使うことができるんです。

子育て家庭の防災準備を考えるなら。まずは何の準備をしよう?の画像9

ポイント② コンパクトで持ちやすいからうれしい!

「どっちかライト」の特長2つ目は、そのコンパクトさと持ちやすさ!

子育て家庭の防災準備を考えるなら。まずは何の準備をしよう?の画像10
女性の手の平にも収まるようなコンパクトサイズ!

ほぼ缶コーヒーと同じサイズというコンパクトな作りで、重さは約100gと軽々。

ちゃんと取っ手もついているので、手が小さいママや子どもも持ちやすいのがうれしいですね。

夜、わんちゃんのお散歩をさせたり、夏休みなどキャンプに出かけたりする時など防滴形でアウトドアでも、家族みんなで使いやすい形になっています。

子育て家庭の防災準備を考えるなら。まずは何の準備をしよう?の画像11

ポイント③ カラーバリエーションが豊富でうれしい!

「どっちかライト」の特長3つ目は、豊富なカラーバリエーション。

懐中電灯としては珍しく、5色の色展開であなたのお気に入りのカラーがきっと見つかるはずです。

子育て家庭の防災準備を考えるなら。まずは何の準備をしよう?の画像12

部屋の中に置いておいても自然なチョコレートブラウンや、見た目がパステルでかわいいダスティピンク、ラベンダー、ペールブルー、ホワイトなど、お気に入りの色を選べば、普段から楽しく使うことができますね。

子育て家庭の防災準備を考えるなら。まずは何の準備をしよう?の画像13

「いつも」便利。だから「もしも」も安心!防災準備を始めよう

ママにうれしいポイントがたくさん詰まった「どっちかライト」。

「もしも」の時の備えはもちろん大切。

でもまずは、防災準備をしまいこむのではなく普段から使ったり、何か起きたらどうしよう?ということ家族で話し合っておくことが大切かもしれません。

普段からもバッチリ使える「どっちかライト」で、我が家の防災準備を始めてみませんか?

子育て家庭の防災準備を考えるなら。まずは何の準備をしよう?の画像14

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

  1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 子育て家庭の防災準備を考えるなら。まずは何の準備をしよう?